マイペースにどーでもいい話を書いていきます。

てきとー主婦のズバット日記

日記

都合のイイ時だけ他人を頼ろうとする人は、誰からも頼られない人が多い

投稿日:2017年2月12日 更新日:

時々居ませんか?

自分の都合の良い時悪い時だけ!人を頼ってくる人、職場や学校に必ず一人は居ると思います。

しかもそう言う人って、誰かが困っている時は何らかの都合の良い理由をつけて絶対助けないんです。

あ、今日ちょっと時間が無いから~とか、何らかの理由を付けて断って助けないんです。

そう言っている人の多くが、自分が困った時は誰かに助けられて当然!と言う顔をしているので、腹が立つのです。

先日も、私の実家に何やら電話して何かを頼もうとしている家族が居たので、私の実家で困った事があった時に何も助けてくれなかったのに虫が良すぎるんじゃないか?と詰め寄ったら、渋々電話するのを止めていましたが。

こう言う人って自分は誰かに助けられて当然!と基本的に思っている場合が多いので、本当困ります。

一体お前は何様だ?と問う時もあるんですが、何様意識の前にまずそれが当然と思っている意識が働いているので埒が明かないんですよね。

なのでもう、こう言う人には何も頼まない様にしているのです。

そうやって、都合の良い人はいつしか誰からも頼られる事が無くなって行くのですが、自分が実は最近誰からも頼られたりしていないのは何故なんだろう?と自覚するのにはかなりの時間を要するようで、我が家の家族もやっとこ3年位経って気付き始めた感じですね。

まだ自分が誰からも頼られていないんじゃないか?と気付いている人は、そろそろ重い腰を上げて他人の助けになろうと努力しようとしたりするんですが、全く気付かない人もいるので、その人はずっと誰かに頼りきりの人生を送っていくのだろうと思います。

ただ、例外的な人も中には居て、色んな人がこぞってその人を助けようとするんです。

あの人の力になりたい、頼られたい!と言う人が周囲に集まる人もいるのです。

都合良く人に頼って頼り切って生きている人から見たら、羨ましい事この上ない状況に見えるかもしれませんが、誰からも頼ってほしいと思われている人がそう言う立場になるには、それ以前の生活で多くの人の助けになっていたと言う事実が存在しているのです。

しかし、自分に都合良く誰かに頼って生きたい人は、そう行った努力をした事が無いので一生理解出来ないかも知れませんね。

もし、家族や友人知人に、誰かに頼り切って生きていこうとする人が居ても、頼らせない様に、隙を見せない様に生活して行きましょう。

そうする事が、その人の為でもあると言う事を認識して行って欲しいと思います。

-日記

Copyright© てきとー主婦のズバット日記 , 2017 AllRights Reserved.