マイペースにどーでもいい話を書いていきます。

てきとー主婦のズバット日記

日記

例え学校に生えていても、キノコは採ってこないで欲しい話

投稿日:2016年12月4日 更新日:

ウチの辺りはかなりド田舎なので、時々道端にキノコが生えたりする事もあるんです。

なので、次男君が通う小学校でも当然?キノコが生えたりする事もあったりしました。

キノコと言うと、毎年キノコが生えやすい時期になると、食べられるキノコを求めて山に入っていく人が居ましたが、総じて採ってきたキノコのうち半数以上が毒キノコだったりして、食べられるキノコが殆ど無かった!とk言う結果に終わる人が多いと言う現状がありましたね、

そんなキノコなんですが、今年も我がの庭にも謎のキノコが生えまくったりしましたが、全部毒キノコだったので、一体ドコから胞子が飛んでくるのか分からないね~と驚いたものです。

と言う感じで、そこいらに生えるノラキノコ(最近はスーパーで買えるキノコが増えてきたので野生のキノコはノラ)を目にしても珍しさを感じない様になってしまいましたね。

で、次男君がある日、学校から帰宅するととあるモノを見せてくれたのです。

それが、かな~~り大きいキノコで、素手で掴んで持って来ました。

でも、よく見ると、最近テレビで見た毒キノコリストに載っていた危ないキノコに似ている・・・・。

と言う事ですぐキノコ辞典で調べてみた所、ベニテングタケと言うヤバいキノコだということが発覚しました!

食べるとかなり致死量が高い?キノコの様です。

急いで!次男君には手を殺菌効果のある石けんで洗ってもらって、さらに、ビニール越しで触ってもらう事にしましたね。

毒キノコは、外側の表皮の部分にも毒性の高い粘膜が覆っていることもあるので、素手で掴むと触った皮膚がかぶれたり炎症を起こすこともあるのです。

そして私はと言うと~カメラを持ってきて、記念に何枚か撮影しておきました!

その後、キノコは焼却処分となり、土に還って事なきを得たのです。

と言うか、例え学校にキノコが生えていたとしても、気軽にホイホイ採ってこないで欲しいと言うか、採る前に毒々しい色合いを見た時点で毒キノコだと判断して欲しかったですね。

なので皆様ももし、いつも気軽に足を踏み入れている所で、見慣れぬキノコが生えていたそとしても!迂闊に採って来ないようにしましょう。

多分生えてるキノコが毒キノコなのか食べられるのかを判断出来る人が少ないので、キノコを見かけても採らないようにして欲しいですね。

-日記

Copyright© てきとー主婦のズバット日記 , 2017 AllRights Reserved.