マイペースにどーでもいい話を書いていきます。

てきとー主婦のズバット日記

日記

天才とか神童とか呼ばれた人も、その後何もしなかったら凡人になる

投稿日:2016年12月24日 更新日:

昔、近所に住んでいたお兄さんが、かつて天才とか神童とか呼ばれていたんですよ。

12歳~頃まで、小学生まではかなり凄い事?成績が凄かったのか何かで、ちょっとイイ感じの学校に推薦入学されて行かれましたね。

私立中学だから~そのままどうもエスカレーター式で大学まで行っちゃうっぽかったので、もう将来安泰だな!とか言われていたのを近くで見ていた事を思い出します。

そんな近所のお兄さんですが、実は今は家でブラブラ過ごしています。

もう歳も40代中盤で、結婚して子供もいてもおかしくないんですが、未だに独身貴族です。

結婚で思い出しましたが、最近は婚活がとても盛んなんですよね。よくテレビでみかけます。
独身だったら婚活サイトとか利用したかったな~と思うのですが、既婚者の皆さんどう思いますか?
たまたま見つけたサイト、婚活リサーチャーを読みふけっていたのですが、いろんな婚活サイトがあるんですね。今の人はいいなぁ。

さてさて本編のお話ですが、順風満帆だと思われていた彼の将来は結局どうなったのかと言うと、お兄さんは天才~神童~と煽られ続けてしまった所為なのかそれとも、基本的には特に勉強が嫌いだったのかは分かりませんが、途中でその天才的な頭脳が凡人になってしまったんだそうです。

お兄さんが通っていた学校は、凡人には用は無い?との事で、高校まではその学校に行っていましたが、大学に進学することは出来ませんでしたね。

一体お兄さんに何があったのかと言うと、前にチラっと聞いた話では、どうやら途中で自分の思い通りに勉強が出来なくなってしまったんだそうでして、それまではまるで、息を吸って吐くかのように勉強した内容が頭に入っていったそうなんですが、ある時期からピタリとその兆候がなくなってしまったそうなのです。

多分それが、お兄さんの限界と言うか、限界の年齢だったのかも知れません。

神童とか天才とか言われてきた人が、自分のその天才的な能力に頼りきりでい続けていると、途中で燃料切れを起こすかのように、ピタリと止まってしまう事があるそうなんです。

ピタリと天才的な能力が止まってしまうので、途端に凡人になるのです。

ただ、この凡人に戻ってしまう前から凡人になってしまった時のための対策として、日頃からコツコツと勉強をしていたのならまだあの学校に在籍出来たのかも知れませんが、お兄さんはそれを全くしなかったので、凡人になった途端お払い箱になった感じの様でした。

と言う感じで、天才だったかも知れない人が天才的な能力を失わないようにし続けるには、やはり日々の勉学の積み重ねが大事だと言う事を、近所のお兄さんを見て知った感じです。

もし、自分の子供が天才だったり神童だったりしている?と思ったら、その力に奢ること無く日々精進していく様にして欲しいと思います。

-日記

Copyright© てきとー主婦のズバット日記 , 2017 AllRights Reserved.