マイペースにどーでもいい話を書いていきます。

てきとー主婦のズバット日記

日記

忘年会や新年会に行く人は、飲みすぎに注意してほしい話

投稿日:2016年12月18日 更新日:

そろそろお酒の席がたくさんある時期になって来ましたが、毎年困るのが飲みすぎで自我を失っている酔っ払いな面々です。

毎年、母方の一族が集まる新年会があるのですが、ココでもものすごい量のお酒が消費されていくので、この一族は蟒蛇(うわばみ)が多いな!と毎回関心している所です。

そんな蟒蛇な一族の忘年会からの~新年会なんですが、12月31日の夕方から始まって、除夜の鐘を聞いて年を越したら新年会になる寸法です。

多分多くの一族が多い家では行われている?んじゃないか的な方式の宴会だと思うんですが、こんなに長時間酒の席に居続けると、普段は飲んでも理性を保ち続けている人でも、全くの別人?と言う位にまで酔っぱらってしまうので、家族の前でもいつもポーカーフェイスを気取っていた?イトコのお婿さん(娘婿)の化けの皮が剥がれた時は、かなりの人が驚いていたのが記憶に新しいです。

(その時は、奥さんであるイトコが一番驚いていました!)

そんな感じで、酔っ払いが増産されていくこの会ですが、酔っぱらい過ぎて家の中を徘徊してしまう人が続出するんです。

古い農家の家なので、ちょっと家の作りが大きいと言うか、複雑な回廊?みたいになっている所もあるので、年に何回かしか来ない親戚やその家族は特に、迷ってしまうこともあるのです。

除夜の鐘が鳴って新年が明けた頃、オバさんが一人いなくなっている事に気が付きました。

そのオバさんは、母の兄弟で(7人兄弟)上から3番目の人だったと思います。

そんな3番目のオバさんが突如として居なくなった?ので、その時割と平常心だった3人とオバさんの行方を捜索しましたが、なかなか見つかりません。

この家の部屋という部屋を探したと思うのに見つからないので、ちょっとトイレにでも入るか~と探していたうちの一人であるオバさんの旦那さんであるオジさんが、この家にある3ヵ所のトイレのうちの一つに入ったのです。

すると、探していたオバさんが、洋式トイレの便座に顔を載せている状態で発見されました!

この状況を推察するに、気持ち悪くなって吐きに行った所、突然睡魔に襲われて~吐かずに眠ってしまった?と言う感じでしたね。

という感じで、あんまり酔っ払い過ぎると自分の行動も制御出来なくなってしまう事も多々あると思うので、お酒の席での飲み過ぎには注意して欲しいと思います。

-日記

Copyright© てきとー主婦のズバット日記 , 2017 AllRights Reserved.