マイペースにどーでもいい話を書いていきます。

てきとー主婦のズバット日記

日記

ヘアカラートリートメントは、毎日使い続けると本当の髪色が分からなくなる

投稿日:2016年12月10日 更新日:

いつの間にか髪に白いものが混じってきたら、白髪染めをするのが普通な時代になりましたね。

かつては髪を染める習慣がなかった時代は、白髪が出てきて年相応?とも言われて、そのままの状態で居る人が多かったと思います。

しかし現在は、老いも若きもヘアカラーをするのが普通で、髪を染めていないノーマルな髪の毛の人の方が少ないんじゃないか?と思うほど浸透してきたと思います。

染めてないのは子供だけ?と言う位に多いかも知れません。

そのヘアカラーなんですが実は、化学成分まみれって事を皆様よくご存知?なんだと思います。

あの、ツーンとするニオイだったり、パッケージに書かれている注意喚起だったり~が、かなり成分がヤバい事を想像させるでしょう。

実際に何度も使った事のある人なら、その危険性や症状を実際に感じた人もかなり多いと思うのです。

ヘアカラー剤に使わわれている薬剤によるアレルギーで、ヘアカラーアレルギーとなってしまった人は一時期ヘアカラー難民とも言われた時期があった様です。

白髪も染められず~ファッションの為のカラーリングも出来ずに、ただただそのあるがままの髪で生活して行く日々だったのです。

が、ある時現れた救世主が、ヘアカラートリートメントと名乗ったのです!

おお・・・ヘアカラートリートメント!!と信者が叫んだかどうかは分かりませんが、とにかく、ヘアカラー難民の多くがこのヘアカラートリートメントに救われたのは間違いないのです。

このヘアカラートリートメントの使い方は至ってカンタンで、ヘアカラー剤ほど仰々しくなくて良い所に多くの信者が集まったと考えられます。

使い方としましては、お風呂に入って髪を洗って、普段使っているトリートメントをこのヘアカラートリートメントに替えるだけ!なのです。

ただ、商品によっては手の爪や皮膚に色が定着してしまう可能性があるので(と言っても、その後石けんで手をよく洗えば落ちます)なるべくビニール手袋をして髪の気になる所に塗って行くのがオススメです。

と言うか、注意書きに染毛剤と言う記載があるヘアカラートリートメントの殆どには、箱の中にビニール手袋が付属していると思うので、そちらを使って塗って行くと良いと思います。

ただ、ヘアカラーよりは色の定着力が低いので、毎日~最低でも5日連続で使い続けることにより、目立った白髪はカバーされて元の髪色と馴染んで行くでしょう。

しかも、5日が経っても毎日使い続けて行き、何年も継続して使い続けていると、本当は今自分の髪色が一体どんな状態になっているのかすら分からないほどに染まって行くそうなので、毎日使い続けていつまでも若々しい髪色で居続けてほしいですね。

と言う事で、ヘアカラーとリートメント教に最近入信した信者からでした!では、また。

-日記

Copyright© てきとー主婦のズバット日記 , 2017 AllRights Reserved.