マイペースにどーでもいい話を書いていきます。

てきとー主婦のズバット日記

日記

睡眠障害を解消するには、正しい睡眠をするしか無い事

投稿日:2016年12月7日 更新日:

睡眠障害と言うと~なかなか眠れない人や、毎朝寝坊してしまう人の事を指すと思っている人も居るかもしれませんが、実際は、眠気と覚醒のバランスが取れていない状態の時は全て睡眠障害なんだそうです。

睡眠の良いバランスを保って寝起きしていないと、一日中眠かったり又は夜になると眠れない~などの状態になってしまうのです。

特にたくさん眠っているのに一日中眠くて仕方が無いという場合を解消するのが厄介で、これを解消するにはかなりの精神力が必要と言いますか、とにかく眠気をある程度我慢しないと解消する道が開けないタイプの睡眠障害なのです。

一日中眠いのでついついヒマを見つけては眠ってしまう~と言う状態を止めて、眠気は夜にまとめて解消させるようにしないと、いつまで経っても昼間の睡眠欲求が解消されない状態になってしまうのです。

なので、このタイプの睡眠障害を克服する場合は、日中眠くても我慢して我慢して~夜になったらガッツリ!寝てもらう~、そんな感じです。

で、特に昼間はそんなに眠くないけど、夜もそんなに眠くなくて~じゃあいつ眠ってるの?って言う位眠りが少ないタイプの人もいますが、こう言う人はコレがスタイルでしかも疲れもそれで取れていたら別段問題は無いそうです。

人間の理想的な睡眠時間は7~8時間と言われていた時代もありましたが、今は人によって睡眠時間はまちまちでしかも短時間で済む人も居れば10時間位眠らないとつぎの日は活動しにくいひとも居たりするのです。

なので、長時間眠った方がイイタイプの人なのに、毎日我慢しているのかそれとも長時間睡眠は格好悪いと思って短時間にしようとしている人が居たりするんですが、そう言う人の多くが朝寝坊をして学校や会社に遅刻する事が多かったりするのです。

本当はたくさん寝るべき所を少なくしていたら、そのうち身体の方にガタが来て健康状態が悪くなってお肌もボロボロになっていったりする可能性もあるのです。

と言う事で、こう言った睡眠障害を解消するには正しい睡眠をするのが一番なんですが、その正しい睡眠が良く分からない人にカンタンに正しい睡眠時間を計測する方法を試して欲しいと思います。

正しいと言っても本当に正しいかどうかはその人の判断になるので、睡眠に悩んでいる人全員に効果があるとは言い切れませんので、その辺りは自己管理でお願いします。

正しい睡眠は、夜10時頃に目覚ましをかけないで睡眠に入って、目覚ましをかけないで起床した睡眠時間がベスト睡眠時間と言う事になり貸す。

この睡眠時間が例えば6時間だったりしたら、6時間がその人の正しい睡眠時間になるわけです。

つまり、朝目覚ましをかけなくてもスっと起きれる時間に自然に目覚めやすい時間に寝る事で、毎朝ストレスを感じない起床が出来る様になるんだと思われます。

この方法は、色んな睡眠に悩んでいる人に効果があると思うので、是非やってみて欲しいですね。

起きたい時間に起きるために夜何時まで起きていた方がイイのか?とか、もし速く起きてしまった時は何をするのが良いのか?などを色々調整して、毎日スッキリとした目覚めと日中眠気が来ない様にして行きましょう。

-日記

Copyright© てきとー主婦のズバット日記 , 2017 AllRights Reserved.