マイペースにどーでもいい話を書いていきます。

てきとー主婦のズバット日記

日記

バレンタイン用のチョコの種類は様々である事

投稿日:2017年2月14日 更新日:

正月明けて~次のビッグイベントはバレンタイン?にしている人は多いかも知れませんが、その実チョコレートは買ってくるのがイイのか自作するのがイイのか迷っている人も多いと思います。

買いたくなってしまう背景には、この時期になると世界中から美味しいチョコレートがわんさか輸入されてきて、普段は滅多にお目にかかれない様な有名ブランドチョコレートがデパートの特設コーナーに並んだりして、ついつい買ってしまう!人が続出するのです。

日本初上陸!と銘打った有名ブランドチョコレートの新作!と言うのも出たりするので、これもまた買ってしまう要因の一つになっていると思われるのです。

また、特に有名ブランド系でも何でもないけれども、この時期だけはよくある普段もチョコレートを販売している日本のメーカーが、バレンタイン特有の商品を発売してくるので、それを狙って購入してしまう人も多いかも知れませんね。

どうにも商売上手と言うか、この時期限定!と言うプレミア感が人の購買意欲を掻き立ててしまうと言うか、そんな感じなんだと思いますが、上手い事お菓子の販売メーカーの策略に乗せられている様な気がしてならないのです。

でも!それでも何故か買ってしまう~のできっと、そういう人はバレンタインで渡すチョコレートも買って渡してしまうんだろうと考えられるのです。

一方、普段から手作りが信条で、当然バレンタインのチョコレートも手作りで攻めようと思っている人の視点はちょっと違います。

確かに外国からの輸入チョコレートに目が向くんですが、輸入手作り用チョコレートの方に目が行ってしまうわけです。

ちょっと加工するだけで美味しいトリュフ系チョコレートが作れる材料とか、ちょっと工夫するだけでエアの入った口どけの良いチョコレートが作れるとか、そんな感じの高度な材料を求めてデパートを彷徨うのです。

同じチョコレートを買っているとは思うんですが、目的が全く違うところが面白いんですよね。

しかも、手作り用の輸入チョコレートの場合、日本のチョコレートのメーカーが販売している材料系チョコレートとは明らかに違う工程で作られていたりするので、味が全然違うとか、全く砂糖が入っていないタイプのモノがあったり、カカオの量が尋常ではない程含まれていたり~するモノもあるので、手作りクラスタの人は目の色が変わってしまうのも頷けるのです。

と言う感じで、次なる大いなるイベントバレンタインに向かって邁進していく女子がチラホラ出てくると思いますが、色んなお店のチョコレート売り場の近くを通る時は、ちょっと離れた視点で観察しながら通り過ぎると良いでしょう。

-日記

Copyright© てきとー主婦のズバット日記 , 2017 AllRights Reserved.